日刊自動車新聞社

企業の採用ご担当者の方は「モビナビの求人掲載」

メニュー

仕事研究コラム

関東 自慢のメカニック特集(夏)~高まる役割 命預かる重要性は不変

試行錯誤しながら新たな接客方法

〈セキショウグループ〉ザルツブルグ・モータース ポルシェセンター宇都宮 アフターセールスマネージャー 池田 克昭 さん

2019年3月からポルシェセンター宇都宮のサービスフロントとして在籍。20年4月にアフターセールスマネージャーに昇格し、現在はサービスの責任者としてスタッフをまとめている。
「ポルシェのお客様は客層が違う。これまでとは異なった接客が求められる。自分自身で考えながらの接客が必要」と試行錯誤を繰り返しながら、新たな接客方法を模索している。
 現在の仕事に対してはやりがいを感じている。「お客様みんなが車に詳しいわけではなく、わかりやすく説明することも必要。お客様に気持ち良く、理解してもらうことが大事」と丁寧な接客を心掛ける。
同宇都宮のサービス体制は、メカニック4人、パーツ部品担当1人、回送担当1人の6人体制。池田さんより年下の30代が一人いるが、残りの5人はすべて年上だ。「年上だからといって、そんなに気を使いません。普通に話をしています。年上の人は、経験が豊富なので安心して仕事を任せられます」と店舗の雰囲気は良い。
サービススタッフ以外にも同宇都宮には営業、事務のスタッフが在籍している。「車好きが多いのでスタッフの仲が良い。サーキットに出かけるスタッフがいるほど、車好きが多い」と車を通じてコミュニケーションが図られている。
筑西市に本社を置く関彰商事が、地元で新車ディーラーを展開していることもあって入社を希望。「入社後のイメージは入社前と変わりません。入社後は上司に恵まれたと思っています。整備士、社会人として育ててくれた」と充実した毎日を送っている。

プロフィール

日産自動車整備専門学校(現日産栃木自動車大学校)卒、2001年4月に関彰商事グループのセキショウホンダに入社。19年3月にポルシェセンター宇都宮へ。趣味はドライブと寝ること。茨城県筑西市出身、39歳。

会社概要

▽ザルツブルグ・モータース拠点数=2

▽セキショウグループ本社=茨城県つくば市二の宮1―23―6▽代表取締役社長=関 正樹