日刊自動車新聞社

企業の採用ご担当者の方は「モビナビの求人掲載」

メニュー

仕事研究コラム

関東 自慢のメカニック特集(夏)~高まる役割 命預かる重要性は不変

顧客のために何ができるか考えて

〈セキショウグループ〉セキショウホンダ ホンダカーズ茨城西 日立小木津店 サービス 豊田 大輔 さん

入社5年目で同店の中堅。具体的な業務は1年点検や半年点検、一般整備、重整備、車検検査など全般的な整備。同時に故障診断や点検後の引き渡しなどの接客業務も担当する。
「入社当時のドキドキ、ワクワク感は、今はありません。お客様のために何ができるか、喜んでもらえるか、を考えて仕事をしています。店舗では工場長を補佐する立場になってきているので、後輩3人の指導やフォローの方法を考えながら毎日の業務を進めています」と責任感を持ちながら毎日の業務に取り組んでいる。
 両親がホンダ車に乗っていた影響を受け、愛着心を持つようになった。両親といっしょに点検でホンダのディーラーへ出掛けている時に、ホンダテクニカルカレッジ関東のことを知り、高校2年の時には同関東へ進学することを決めた。
同関東では当時の1級自動車整備研究科に在籍。4年間にわたって整備の勉強を続けた。卒業後には国家1級自動車整備士の資格も取得した。
卒業後にセキショウホンダを就職先に選んだのは「生まれた地域の人に整備を通じて恩返しをしたいと思いました。地元のディーラーの方が資格取得の機会が多いとも思ったので」と理由を説明する。
今後は「ホンダの最上級整備資格であるHMSG(ホンダマスターオブサービスジェネラリスト)を取得することが目標」と語る。
HMSGは国家1級整備士やホンダの社内資格であるSE(サービスエンジニア)1級とFM(フロントマネージャー)の3つの資格を取得し、その上で実務経験を考慮し、ホンダが認定する資格。
「早く資格を取得するように頑張りたい」と高い目標を掲げている。

プロフィール

ホンダテクニカルカレッジ関東卒、2016年4月入社。趣味は車でサーキットを走ること。バイクでのツーリングと整備。スポーツのゴルフと野球も好きと多趣味。茨城県高萩市出身、27歳。

会社概要

▽セキショウホンダ拠点数=ホンダカーズ茨城西14、同福島南5

▽セキショウグループ本社=茨城県つくば市二の宮1―23―6▽代表取締役社長=関 正樹