日刊自動車新聞社

企業の採用ご担当者の方は「モビナビの求人掲載」

メニュー

仕事研究コラム

自慢のメカニック特集~関東・東北 主要ディーラー わが社の自慢のメカニック

岩手ダイハツ

一関店 サービスエンジニア 主任  金野 潤さん

車を触っていれば楽しい

 一昨年夏に開催された岩手ダイハツ(中田利光社長)の「サービス技術コンクール」で優勝した。同社の代表として出場した「北海道・東北ブロック大会」では、3位に入る好成績を収め、日頃の業務で身に付けた知識と技術の高さを披露した。「この大会への出場はかなり勉強になった。不具合にたどり着くまでの最短方法を学ぶことに役立ちました」と自身のレベルアップにつながった。

 岩手県立千厩高等技術専門校に進学した理由は「祖父が農機具のメンテナンス、父親と兄が車のメンテナンスを行う光景に影響を受けました」と進学を決めると同時に自動車整備の仕事に就くことを決めた。

 同社へ入社するきっかけは、祖父がダイハツアトレーに乗っていたこと。「小さいころからアトレーでいろいろな場所に連れて行ってもらいました。思い出の車を整備したいと思ったことが理由です」と説明する。

 現在は車検、点検、一般整備、接客まで幅広く業務を担当する。「仕事はおもしろい。車を触っていること自体がとても楽しい」と笑顔を見せる。 同社の年間休日は108日。ゴールデンウイークやお盆、年末年始には長期休暇が設けられている。ワークライフバランスとして週に1回ノー残業デーもある。「休みが長いので助かっています。ノー残業デーは早く帰れるので、家で2歳と10カ月の子供と遊んでいます」と自分の時間を有効に使えることを気に入っている。

 入社9年目で社内では中堅に入るが、一関店で一番の若手。「先輩も丁寧に教えてくれる」と現在の職場環境に満足している。

 国家資格2級、自動車検査員、ダイハツ検定1級の資格を持っている。「将来的には国家資格の1級にチャレンジしたいという気持ちを持っています」と更なるレベルアップを目指している。

プロフィール

岩手県立千厩高等技術専門校卒、2010年4月入社。1989年4月生まれの29歳。岩手県一関市出身。趣味は車のメンテナンス。オイル交換をはじめ、マフラーの溶接をすることもある。

会社概要

設立=1966年3月▽本社=岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第7地割334番地▽代表者=中田利光社長▽従業員数=257人▽拠点数=新車12、中古車1