日刊自動車新聞社

企業の採用ご担当者の方は「モビナビの求人掲載」

メニュー

仕事研究コラム

自慢のメカニック特集~関東・東北 主要ディーラー わが社の自慢のメカニック

山形日産

鳥越店 サービス課 テクニカルスタッフ  柳田 裕樹さん

 基本を大切に考え作業

 柳田さんは物心がついた頃から自動車や機械いじりが好きで、自動車整備士を目指した。中学卒業後は地元の工業高校に進学し、機械に関する知識を深めた。高校に届いた学校紹介パンフレットがきっかけで日産自動車整備専門学校に進学し、自動車整備について学んだ。普段の業務では「基本」を大切に考え作業に取り組んでいる。

 新庄日産に入社した動機について「地元に戻って就職したいと思っていた」と振り返る。当時は、最上地区にあった日産自動車のディーラーは、新庄日産だけで、すぐに入社志望を決めたという。かねて念願だった日産ディーラーに入社し、日々研さんを積んでいった。

 仕事で大切にする考え方について「担当するお客様の不安を取り除き、笑顔で帰ってもらうことを目標に接客や作業などに取り組んでいる」と話す。お客様を第一に考えた応対を心掛け、安心、安全なカーライフ実現に向けて努力を続ける。

 また、整備技術を向上するためにも知識の習得にも積極的に挑戦する。現在資格は、日産1級整備士を保持し、昨年には国家1級自動車整備士の資格も取得した。今後は、メーカー認定資格で最上位のHITEQ(ハイテク)マスターも取得したいと意気込む。

 一方、自身の成長だけでなく後輩の育成にも目を向ける。これまで培ってきた技術などを伝えることで、工場全体で技術力の向上を図りたいと考える。「後輩には、故障などの原因がわからない時は基本に立ち戻って考えるようにと伝えている」と語る。この言葉からも柳田さんの後輩思いの姿勢が垣間見れた。

プロフィール

日産自動車整備専門学校(現日産栃木自動車大学校)卒、2002年4月新庄日産(現山形日産)入社。1981年6月生まれの37歳。山形県戸沢村出身。趣味はゴルフと釣り、スノーボード。会社の同僚や地元の友人らと積極的に活動している。

会社概要

設立=1961年3月22日▽本社=山形市南一番町9―10▽代表者=小関眞一社長▽従業員数=198人▽拠点数=新車11